海外の保険テック(InsurTech)5選!

保険大国と言われている日本ですが、InsurTech(Insurance Tech、保険テック)のスタートアップはまだまだこれから、といった状況です。一方、海外では昨年あたりからInsurTechが立ち上がってきているようで、資金面では2015年には $2.65billionがInsurTechに投資されており、InsurTechに特化したアクセラレーター「Global Insurance Accelerator」もスタートしています。

今回は、中でも個人的に興味深いと思う海外のInsurTechをいくつかピックアップしました。

 

Lemonade (P2P保険)

lemonade

創業:2015年
総調達額:$13M(Sequoia Capital 他)
直近バリューエーション:非公開

一流ファンドであるSequoia Capitalが珍しくシードから投資したことで話題になったLemonadeは、その事業内容がまだ非公開なことでも有名です。しかし、様々なニュースから類推するに、P2P自動車保険を手掛けてくると思われます。

P2P自動車保険は、ヨーロッパではFriendsurance(ドイツ)やGuevara(イギリス)が既に取り組んでいます。モデルとしては、グループメンバーが保険料を出し合ってプールを作り、その中から保険金支払いをし、保険会社の管理手数料として一定額を差し引いた上で、年度末に余った分はメンバーに還元される、というものなります。プールから支払われる保険金が少なければ、メンバーに還元される保険料も多くなるので、安全運転を心がけたり、不要な請求は控えよう、というインセンティブが働きます

もちろん、モラルハラードが懸念されますが、そこはグループメンバーを限定することで回避します。例えば、職場や学校や地域活動など、リアル社会での強い繋がりがあるメンバーでグループを作ることができます。

非常に面白いモデルではありつつも、本当にモラルハザードが避けれるのか、ニッチなグループを集めてどこまでスケールするか、保険会社として十分な手数料が上げらえるのか、これから検証が進むと思われます。

 

Trov (オンデマンド保険、マイクロ保険)

trov

創業:2012年
総調達額:$46M
直近バリュエーション:未公開

Trovはスマホベースのマイクロ保険を提供しています。保険をかけたいモノの品番をあらかじめ登録し、スマホアプリ上で操作するだけで分単位の保険をかけることができます。現在はデジタル端末や家電や楽器やスポーツ用品を対象としているようですが、今後はさらにカテゴリを拡大させていくようです。

Trovは正確には保険会社ではなく代理店として機能しています。保険会社と提携し、保険販売、保険料収納、保険金支払いを担っています。保険会社としては、今までリーチできなかった若年層、保険がかけられることのなかった物品を取込むことができるので、新たなチャネルとして歓迎しているようです。

個人的にはマイクロ保険をいちいち掛けることが面倒な気もするのですが、今後IoTが普及しデバイスの状態が自動的に把握できるようになると、高価なカメラを持って外出している時間帯だけ自動的に保険に入る、スノボを物置から取り出して雪山に行ったときだけ自動的に保険をかける、といった使われ方も想定されます。

また、マイクロ旅行保険を提供するSureもあります。

 

Bought By Many (保険販売)

boughtbymahy

創業:2011年
総調達額:非公開
直近バリュエーション:非公開

保険の販売方法をひっくり返したようなサービス。通常であれば保険会社が作った保険商品をユーザーが選びますが、Bought by Manyではユーザーが自身の欲する保険商品を提案し、それに十分な賛同者が集まるとBought by Manyが保険会社に交渉します。

例えば、パグ犬は他の犬と比べても風邪を引きやすく、また高価であることから盗難(誘拐?)に遭う可能性が高いらしく、通常のペット保険ではカバーされない、もしくは相当な割増保険料を求められるようです。そこで、パグ犬向けの保険商品を求めるユーザーがBought by Manyで集まり、団体として保険会社と交渉することで割安な「パグ犬保険」が提供されるようになったとのこと。

ニッチなカテゴリの多いペット保険に加えて、病気や趣味嗜好を持つ人たちの医療保険としても活用されているそうです。糖尿病患者向けの旅行保険とか子供向けラグビーのスポーツ保険とか。ニッチ領域をグループ化することで、一定の需要プールを作り出し、団体交渉することで保険会社と被保険者でwin-winの関係を築いています。平均して20%の保険料低減に繋がっているようです。

ニッチを集めてどこまでスケールするか疑問が残りますが、保険販売のアプローチを画期的に変革している意味で注目しているサービスです。

 

Oscar (医療保険)

oscar

 

創業:2013年
総調達額:$730M
直近バリュエーション :$2.7bn(2016年2月)

詳しくはこちらのブログ記事をご確認ください。http://www.emreyuasa.com/2016/03/151/

医療保険を提供するスタートアップで、サービスローンチから2年程度で契約者20万人、年間保険料収入 $750M(推計)と急激に伸びています。保険契約者に対して様々な無料サービス(24時間電話診察、ワクチン、オンライン処方、専門医紹介)を提供しており、従来の金融商品の概念を大きく変えています。現在はアメリカの4州のみでの提供ですが、今後各州に拡大する中で5年以内には契約者100万人を目指すと謳っています。

急成長とは言いつつ、業界大手の100分の1以下の規模です。病院との交渉など規模の経済が効く医療保険業界にどのような風穴を開けるのか非常に楽しみにしています。

 

Zenefits(保険販売

zenefits

創業:2013年
総調達額:$580M
直近バリュエーション:$4.5 bn (2015年5月)

表向きは中小企業向けのSaaS型人事ソフトを提供しています。

福利厚生、採用、給料計算、休暇申請などの基本的な機能は無償で提供し、一部の有料機能と外部サービス(保険や給与計算サービス)への手数料でマネタイズしています。特に保険販売手数料は売上の大半を占めているようで、Affordable Care Actの追い風もあり、ビジネスは急拡大。2015年の売上は$100M近くまで伸びていたと聞きます。

組織内紛による共同創業者の離脱や、戦略見直しによる営業チームの一斉解雇などいろいろとニュースに絶えないスタートアップではありますが、最も注目されている”保険”テックの1つです。

*************************

他にも、保険契約内容を分析するRiskGenius、ブロックチェーンを使った保険詐欺対策のEverledger、モバイルベースの保険管理・申込アプリのKnip など様々なカテゴリのInsurTechがあります。

保険は規制業界ですし、巨額の資本金が必要ですので、保険会社はスタートアップにはハードルが高いのも事実です。また、業界の方とお話していると官公庁の目が厳しく、なかなか新しいことに取り組めないといった側面もあるようです。

一方で、既存の保険会社と組んで、新たなチャネルの掘り起こし、精緻なリスク審査など一部機能の切り出し・最適化であれば、スタートアップの参入機会は十分にあると考えています。例えば日本でもSmartDriveが、AXA損保と提携してテレマティクス(走行データ)に基づく自動車保険を提供していますが、これも一律で高保険料を強いられている若年層に対して精緻なリスク審査をすることで、新たな営業機会を作っていると思います(あくまで推測ですが…)。

世界のInsurTechを引き続きウォッチしつつ、日本での応用可能性や日本特有の機会がないか考えていきたいと思います。

Uber, Harry’s, BuzzFeedの共通項とは?

Uber、Harry’s、BuzzFeedなど、革新的なアプローチで「リアル産業(≒ネット以外の従来の産業)」を塗り替えていこうとするスタートアップが増えているように感じます。どれも規制が厳しく既得権益が牛耳っている業界にも関わらず、スタートアップが全く新しいモデルを提案し、変革を起こすことに成功しました

今回は、リアル産業の変革を大きく促進すると思われる「フルスタック(Full-stack)スタートアップ」に焦点を当てて、事例を用いながらその実態と特徴をご紹介したいと思います。

フルスタックスタートアップとは?

「フルスタックスタートアップ」はあまり耳慣れない言葉かもしれませんが、直訳すると「全部載せのスタートアップ」という意味であり、顧客体験を最初から最後まで自社で提供するスタートアップを指します。

コンセプト自体は新しいものではありませんが、フルスタックという言葉は、著名VCであるAndreessen HorowitzパートナーのChris Dixonが提唱し始めてから良く使われるようになりました。

代表的なフルスタックスタートアップとして挙げられるのは、Uber、airbnb、Tesla、Warby Parker、 HomeJoy、Harry’s、Nest、BuzzFeed、Netflixなどです。いくつかを簡単にご紹介します。

Uber:言わずと知れたタクシー配車アプリ。タクシー配車システムのみならず、ドライバーの選定から乗車後の運賃支払いや評価に至るまで、「A地点からB地点に移動する」という顧客体験に関するすべてのプロセスをUberが管理している。

Harry’s:ヒゲソリを中心とした男性用洗面用品の月額課金サービス。ヒゲソリの販売だけなく、自社工場での製造や、自社店舗での販売も行う。商品開発から接客まで顧客に触れる部分はすべて内製化している。

BuzzFeed:爆発的に成長しているバイラルメディア。SNSを使った記事の拡散だけでなく、ジャーナリストを自社で抱え取材や記事制作も行う。さらには、広告の営業や制作も内製化しており、収益化を実現している。

日本にも様々な例がありますが、ユーザベースが展開するNewsPicksがこの1つだと言えます。コンテンツ制作チームを内製化し、自社アプリで配信し、月額課金・ネイティブ広告などのマネタイズ施策も自社で行っています。NewsPicks内に非常に濃いコミュニティが形成されているのも、自社で顧客体験の全てを管理しているからこそ成せる技だと思います。

lightbulb

通常のスタートアップとは何が違うのか?

通常のスタートアップは、自社が得意とするテクノロジー部分に特化する傾向があります。上記の例でいえば、「タクシー配車システムの開発と販売に専念する」「厳選された男性用化粧品をウェブサイトで月額販売する」「バズらせてトラフィックを集めて広告を張って儲ける」といったアプローチになります。

もちろん、このようなアプローチでも良いと思いますし、むしろ世の中の大半のスタートアップがそうしていると思います。得意分野にフォーカスして身軽な方がスケールもしやすいので、VCからの資金も集めやすいでしょう。

一方で、フルスタックスタートアップには大きく3つのメリットがあります。

1. 他社の動向や思惑に依存せず、自社が設計する最適な顧客体験を提供できる。

2. 既存勢力との事業提携が不要なので、速く展開することができる。

3. 外部への流出がないため、より大きな経済価値を捉えることができる。

ちなみに、フルスタックは垂直統合に似ていますが、目的と方法において全く異なるものだと考えています。従来の垂直統合の主な目的は、コストダウンです。技術開発、生産、販売までを一社が手掛けることで、取引コストを最小化し、コスト低減を目指します。一方で、フルスタックの主な目的は、顧客体験の向上です。そのためには、従来のモデルを捨てて、ゼロベースで全く新しいモデルを築きます。

 カミソリ業界を根底から変えた「Harry’s

Harry’sを例にさらに深堀りします。

カミソリは、差別化が難しい商品です。そこで従来のカミソリメーカーは、新商品を開発するたびにマス広告を投下し、流通販路を独占的におさえて、高価な新商品を売り続ける方法を見出しました。その結果が、「ジレット フュージョン プログライド フレックスボール パワー」や「シック ハイドロ5 パワーセレクト」です。もちろんこれらは以前のバージョンより改良されているのでしょうが、高価な値段に見合うものなのか顧客は分かりません。お店のカミソリコーナーに並ぶ多彩な商品を前にして呆然としたのは私だけでは無いはずです。

Harry’sは、カミソリの本来の価値(=ひげを剃って肌を綺麗にする)に立ち返り、それを最も効果的に実現する方法を模索しました。そして、「安くて、高品質なカミソリが、いつでも手元にある」という顧客体験を中心にビジネスモデルをゼロから設計しました

まず、商品ラインアップを安価版と高級版の2種類に絞り込みました。そして高品質のカミソリを生産するため、ドイツの老舗カミソリ工場を約100億円かけて買収しました[1]。マス広告での宣伝は一切せず、小売店にも置かず、その代わりにウェブで直接販売することにしました。さらには替刃を買う手間も省くため、使用頻度に応じて自動的に替刃が届くようにしました。

Harry’sの提供する顧客体験に惹かれる顧客は多く、新規参入が不可能と思われたカミソリ業界において大きく伸びています。今後は、このモデルを横展開して様々な男性化粧品を販売していくと予想されます。

ちなみに、世界で最も成功しているフルスタックスタートアップはAppleでしょう。ハードウェアからOSからアプリ生態系まで自社で設計した「顧客体験」を提供することで、デジタルコンテンツの消費方法をガラッと変えました。そして今は世界最大の企業になっています。

harrys

リアル産業の変革を促進するのはフルスタックスタートアップ

インターネットを始めとするテクロノジーは、「IT企業」や「インターネット業界」という垣根を越えて、今後ますます「リアル産業」に浸透していくでしょう。不動産、金融、建設、農業、流通、小売、製造業など、まだまだテクノロジーが本格的に浸透していない業界は多々あります。

そして、それらのリアル業界の変革を率いるのは、フルスタックスタートアップだと考えています。新しいテクノロジーは多くの場合、リアル業界にそのままプラグインすることができず、抵抗勢力も大きいと予想されるためです。そのためには、フルスタックスタートアップのように、自社で完結できるようなビジネスモデルが有利だと思います。

もちろん、言うは易し行うは難しです。フルスタックスタートアップは必要資金も大きいですし、ハード、ソフト、サプライチェーン、マーケティング、営業、法順守などなど、内製化する要素が大きい分、難易度が高い事業だと思います。しかし、成功したときのインパクトが経済的にも社会的にも巨大なだけに、今後も注目していきたいと思うビジネスモデルです。

極秘スタートアップMagic Leapとはどんな会社なのか?

MagicLeapという会社をご存知でしょうか?アメリカのフロリダに本社を構えるMagic Leapは、2014年10月にGoogle、KPCB, A16Zといった著名投資家から$542MM(約650億円)を調達したと発表しました1。 さらに、GoogleからはAndroidとChromeの責任者である大物Sundar Pichai氏が取締役として送り込まれるという力の入れ具合。それでも、その事業内容は全くと言っていいほど公表されていません

最近、そんなMagic Leapの実態が分かるニュースが少しずつ出てきました。今回は、Magic Leapの分かっている限りの実態と、今後について妄想を膨らませてみたいと思います。

少しずつ見えてきたベールの向こう側

Magic Leapは、一言でいえば仮想現実(Augmented Reality: AR)技術のスタートアップですが、彼らは全く新しいレベルのARを目指していると謳っており、それをCinematic Realityと呼んでいます。Google Glassのようなウェラブルデバイス(おそらくメガネ型)を通じて、現実社会の中にデジタル情報が付加されて見えるような技術を開発していると言われています。

その技術は、ウェラブルデバイスからARの光を網膜に直接照射して、現実社会からの光とブレンドして処理させることで、現実社会とARを全く違和感なく同時に体験できるようになる、というSFチックなモノのようです2。網膜に直接照射すると聞くと非常に恐ろしい気がしますが、MagicLeap創業者CEOのRony Abovitz氏は、整形外科用ロボットベンチャーMAKO Surgicalを創業し、医療機器大手Strykerに$1.65bnで売却した経験がある3ので、安全性やFDA(アメリカ食品医薬品局)からの認可取得も含めてしっかり考えているのでしょう。

そのCinematic Realityを体験した人は少ないのですが、MIT Technology Reviewの記者によると、「目の前に青いモンスターが現れて飛び跳ねている。それが現実ではないと言い聞かせないと信じ込んでしまう。モンスターが近づいてくると皮膚の細かなテクスチャーまでリアルだし、腕の上を歩かれるとくすぐったかった」だそうです4。これが本当だとしたら、Google Glassとは全く違う次元のARなようです。

さらに面白いのは、ウェラブルデバイスにフロントカメラを付けることで、インプットデバイスにもなり得るということです。つまり、目の前で指を動かすことで仮想現実上のページを捲ったり、積み木を組み立てることで仮想現実上で3Dデータが作れるようになったりします。

CEO Abovitz氏によると、2015年後半には開発者向けプロトタイプを公開するようで5、仮想現実が現実になる日は案外近いのかもしれません。

Magic Leapの何が凄いのか?

Magic Leapをはじめとする ARは、デジタル世界をより身近なものにする転換点になると期待されています。

コンピューターの進化の歴史を辿ると、それはコンピューターをどんどん身近にさせるものでした。大きさは、体育館サイズからデスクトップサイズ、さらには手のひらサイズにまで縮小されてきました。価格も研究所のみが購入できたのが、今では何十億人が携帯電話を持つようになりました。一方で、未だに画面に縛られているのが現状です。職場では多くの人が小さな画面と向かい合い、街や電車では大半の人が俯きながら携帯画面に没頭しています。小型化・軽量化を極めたコンピューターの進化の次のステップは、画面から人類を解放することだと思います。

ARは、現実社会にデジタル情報を付加することで、人間の日常行動の中にデジタル情報を届けてくれるようになります。歩きながら周辺店舗情報が表示されたり、遠方の人が同じ部屋に座っているように見えたり、モノをみるだけでその商品情報や購入ボタンが表示されるようになります。それは単に現実を「拡張」するのみならず、現実とデジタル情報の融合を図ることによって、人間がより本来の人間らしい行動できるようになることを示していると思います。

これは、computer-centricな世界感からhuman-centricな世界感へのシフトを加速させる力を持っていると思います。人間が多くの指示を出さなくても(場合によっては一切の指示を出さなくても)、コンピューターが予測して必要な情報を提示するようになります。すでにGoogleは、Google Calendarの予定と現在地と混雑状況をもとに、次のアポへ出発すべき時間に自動的にアラートを出してくれますし、Facebookは自分の過去の行動をもとに最適なフィードを表示してくれます。ARの到来によって人類が画面から解放されることで、人間が欲する情報が向こうからやってくる世界が作れると予測されます

Source: ARLab.com
Source: ARLab.com

Oculus Riftと何が違うのか?

ARと混合されがちな仮想現実(Virtual Reality:VR)ですが、実はARとは似て非なるものだと思います。VRでは、Oculus Rift(Facebookが2014年に$2bnで買収)やSamsung Gearに代表される没入型デバイスが有名であり、これらのデバイスを使ってユーザーは完全に仮想現実の世界に入り込みます。映画67、旅行、音楽8、エロなどの世界で次々とコンテンツが作られており、数年後には「ちょっとローマに行ってくるわ!」と言ってVRデバイスを装着することも当たり前になるかもしれません。

VRが提供する仮想現実は超ハイクオリティーである一方、ユーザーはそれを意識的に体験しなければなりません。没入型ヘッドマウントディスプレイを付けたまま街を歩くことはできませんし、現実世界の人と交流することもできません。VRが素晴らしい新しい世界を提供するものだとしたら、ARは今の世界を素晴らしいものにするものだと言えます。どちらが優れているという話ではなく、使われ方や提供する価値という意味で、ARとVRは全く異なるものだと言えます。

注目を浴びてきたAR/VR

正直、MagicLeapがどこまでPR上手なだけなのか、噂されるようなテクロノジーを本当に有しているのか、実際の製品が公開されるまでよく分かりません。しかし、ARがデジタル世界をより身近にさせることは間違いないですし、その技術が完成されたときにはスマホからウェアラブルARデバイスへのシフトが起こるのも間違いないと思います。画面から解放された人類はより人間性を取り戻し、画面に縛られていた過去の人達のことを憐れむかもしれません。そして、その大きな転換点となる技術の最先端を牽引し、入り口となるハードウェアを抑えることに、GoogleやFacebookが多額の資金を投じているのも納得できます。

2014年3月にはソニーが独自のVRデバイス「Project Morpheus」を発表したり9、2015年1月にはMicrosoftが「HoloLens」を発表したり10、最近はAR/VR関連のニュースが目立つようになってきました。これからも面白い進展や新情報があれば追いかけて行きたいと思います。

(AR/VRについて勉強中であり、もし詳しい方・ご興味ある方がいらしたら、いろいろ教えてください~!)

Source: www.magicleap.com
Source: www.magicleap.com